東浦町 歯科 歯医者 インプラント 矯正歯科 審美歯科 小児歯科

JR石浜駅より徒歩1分駐車場  15台完備
愛知県知多郡東浦町石浜なかね12-12─お問い合わせはこちら─0562-82-3718

あしま歯科クリニック公式ブログ

当院初めての方のWEB予約はこちらから
あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ

無料メール相談 Mail Consultation

スタッフ募集中!!Recruit

歯科用CT導入!!CT Scanner

Doctors File

 
HOME»  あしま歯科クリニック公式スタッフブログ»  あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ»  顎関節症の診断を受けた時のセルフケアについて

顎関節症の診断を受けた時のセルフケアについて

顎関節症の診断を受けた時のセルフケアについて

【11月のブログ 《顎関節症の診断を受けた時のセルフケアについて》】
 
日に日に秋が深まる季節となり、いつもなら親しい人達で
鍋やおでんを囲みたくなりますが❝三密❞の場所はまだまだ気がひけます。
日増しに寒さが身にしみるようになりましたが
今年は季節性インフルエンザだけでなく
コロナも心配なので、体調管理には本当に気をつかいますね。
皆さんこんにちは。東浦町 石浜 医療法人 慈朋会 あしま歯科クリニック
歯科衛生士の石原です。

11月20日より
歯科衛生士
杉浦、石原が使用している
⑥番のメンテナンスルームに
 
本物のモミの木のツリーが
ございます。
 
メンテナンスにご来院される
患者さまにはリラックスして
造花ではない
モミの木、独特の香りや
彩りを楽しんでいただけると
幸いです。
 
 
先月は 歯科衛生士の横井による
エビデンスに基づいた 顎関節症についての
専門的な説明になりました。
今月は 少しわかりやすく 説明していこうと思います。


基本的には一度受診を
顎関節症の診断を受けた時には、
歯科医師の指示に従うのが
大切です。
痛みがほとんどなく、違和感がある程度の場合
病院を受診することをためらうかたもいるでしょう
しかし、軽い考えで自分でケアしてしまうと
それが原因でさらに顎関節症の症状を悪化させる
可能性まででてきます
ちょっとした違和感しかない状態でも
自己判断せず
顎周りの不調は必ず病院に一度ご来院ください。
歯科医師は患者様の症状がいつから、どのようにではじめたかなど
お話をきくことにより、患者さまにあった
セルフケアの指導を的確にご案内することができます。

 
【湿布を貼って安静にする】
顎関節症によっての関節部分が急に痛みだした時には、
冷湿布を貼って安静にすると
ある程度は症状を抑えられます
また、慢性的に痛みが続くような時は、温湿布を用いると
痛みが和らぎます。
 
【硬いものを食べないようにする】
痛みが現れている時は、硬い食べ物はお控えください。
お米を食べたい場合は、なるべくお粥のように
柔らかくして食べましょう
また、ヨーグルトなど一時的に硬い物を控えることで
顎を休ませてあげると
痛みを和らげる事が期待できます。
 
【歯を接触させない】
食事の時以外は、なるべく顎への負担を少なくする事が大切です。
日頃から、歯と歯を接触させないように保ちます。
また、口を閉じても上下の歯が接触しないようにして
なるべく顔の力を抜くようにしましょう

【適度な運動をする】
運動することでストレスを解消でき
顔の筋肉の緊張もほぐれると言われています。
顎の筋肉の緊張が原因になっている顎関節症の症状緩和に効果的です。
 
顎の緊張をとるマッサージ
顎の筋肉をマッサージすることで筋肉の緊張をとると同時に
悪くなった血行を改善することで一時的に痛みを和らげる効果があります。
しかし、顎関節症は筋肉自体が通常時よりも弱っている状態なので
強いマッサージは厳禁です。なるべく優しくマッサージしましょう。


【おすすめのマッサージ方法】
1 顎関節の位置を確認
     マッサージを行う前に、顎の関節部分を確認しましょう。         
            軽く口を開けて耳の前のあたりを指先でさわり
            少しだけくぼんでいる部分が顎の関節部分です。
            この関節周辺の筋肉が緊張しているので
            マッサージで柔らかくしていきます。
 
2 親指の付け根をくぼみの部分に押し当て、手で顔を挟み込む
顎関節のくぼみ部分に両手の親指を置き、顔を手で挟み込むようにします。
ちょうどボールを両手で持っているようなイメージです。
挟み込んでいる時に」、親指が関節に食い込みすぎないよう
注意しましょう。
ちなみに、手の角度は斜めにならないようにまっすぐキープします。
斜めになると顎の筋肉ではなく
頬骨を圧迫している事になるので、効果はえられません。
 
3 痛くない程度に圧迫する
     関節部分を軸にして顔に挟み込んだら
            顎が痛くない程度にゆっくりと圧迫していきます。
            4~5秒を目安に圧迫してください。
            この時、口を閉じたまま圧迫しましょう。
 
4 口を開けてもう一度圧迫する
次に、口を開けてもう一度圧迫していきます。
同じく4~5秒を目安に優しく圧迫していきましょう。
 
5 大きく息を吐きながらゆっくりと手を離す
最後に、大きく息を吐きながら、ゆっくりと手を離します。
顔の力が抜けていることを感じる事ができるでしょう。



〘セルフケアのルール〙

①痛みがでるような行動はしない
顎関節症をケアする上で痛みを感じるような
行動や動作をしない事がとても大切です

②悪化したら即中止
マッサージなどのセルフケアをしたとき症状が悪化した場合は
すぐに中止してください
痛み以外にも、口の開閉がさらにしにくくなったり
顎に違和感があるなどの症状が出た場合も同様です
 
【顎関節症は生活習慣に起因するケースが多い】
顎関節症は生活習慣に起因するケースが多いので
治療はセルフケアを中心に行います。
効果的なセルフケアを行うには
正しい方法を覚えることが大切です。
 

顎の痛みで悩んでいる人は、ご紹介したセルフケアと
マッサージ方法を取り入れてみてくださいね。
 
先月のブログでもお話いたしましたが
通院中、お痛みがとても酷く なかなか症状が改善せず
不安をつのらせて、日常生活に支障がでてきてしまうなど
場合によって愛知学院大学附属病院
顎関節症外来に担当歯科医師により
紹介させていただく場合もございます。
 
あしま歯科クリニックにご来院して頂いた際、不安な事や
疑問などございましたら、いつでも歯科医師及び歯科衛生士に
お尋ねください。
 

2020-11-21 15:04:03

あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ

 
Page Top