東浦町 歯科 歯医者 インプラント 矯正歯科 審美歯科 小児歯科

JR石浜駅より徒歩1分駐車場  15台完備
愛知県知多郡東浦町石浜なかね12-12─お問い合わせはこちら─0562-82-3718

あしま歯科クリニック公式ブログ

当院初めての方のWEB予約はこちらから
あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ

無料メール相談 Mail Consultation

スタッフ募集中!!Recruit

歯科用CT導入!!CT Scanner

Doctors File

 
HOME»  あしま歯科クリニック公式スタッフブログ»  あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ»  【インプラント】についてのお話 公式ブログ9月号

【インプラント】についてのお話 公式ブログ9月号

【インプラント】についてのお話 公式ブログ9月号

9月公式ブログ【インプラント】のお話

こんにちは。
東浦町のあしま歯科クリニックの歯科衛生士チーフの小川です。
平素より当院へご来院くださりありがとうございます。
 
皆さんはインプラントについてどんなイメージをお持ちでしょうか?
昨今インターネットで検索すると沢山の情報があり、現在世界には294種類ものインプラントが存在します。
しかし、基礎研究や治療後の経過観察等、厳格に行っているインプラントメーカーは世界に4種類しか存在しません。
現時点ではこの4種類のインプラントしか信頼がないと言うことです。
人の身体に埋め込むものですからインプラント治療を考える上でどのメーカーのインプラントを使用するかは長期成功の大きなポイントであると思います。
インプラントの種類や手術方法など、どのような治療を受けるか迷うこともあると思います。
【世界4大インプラントメーカー】
1.アメリカ ジーマーデンタル社(カルシテックインプラント)
2.スウェーデン ノーベルバイオケア社(ブローネマルクインプラント)
3.スイス ストローマン社(ITIインプラント)
4.スウェーデン アストラゼネガ社(アストラテックインプラント)
 
上記4社のインプラントが世界を代表するトップブランドメーカーとなっております
 
その中にはスウェーデンのインプラントメーカーが2社あります
【なぜスウェーデンのインプラントは優れているのか?】
 
スウェーデンは近代インプラント発祥の地であり50年以上の歴史を持つブローネマルクインプラント、またその研究チームが現在改良、研究を重ねているアストラテックインプラントがあります。
 
あしま歯科クリニックでは、スウェーデンの大学病院で公式採用されているアストラテックインプラントを使用しています。
当医院ではコストが安いからといって信頼できないインプラントは使用いたしません。
 
スウェーデン医師の歯科医学に対するスタンスは、日本人医師特有の権威主義や、業者との人間関係で使用するインプラントを決定する気質がなく
「生物、化学的に良いものは良い、悪いものは悪い」と主張するあくまで、医学的根拠に基づき良質なインプラントを開発、研究し、使用する点にあります。
 
【なぜアストラテックインプラントは優れているのか】
アストラテックインプラントの研究開発責任者であるStig Hanssonは工学博士.薬学士でシャルマシュ工科大学にてインプラントの研究で医学博士号を取得しました。
近代インプラントのブローネマルクインプラントの研究、質の向上に努力し、その後アストラテックインプラントをイエテボリ大学(インプラント治療の世界最先端の研究施設)で歯周病の世界的権威Lindhe教授らと共にインプラント周囲の歯肉炎症を起こしにくく骨吸収を起こしにくい非常にバランスの良いインプラントシステムを完成させ、インプラントの成功率を非常に向上させました。
 
また、アストラテック オッセオスピードは徒来のインプラントよりはるかに良く骨と結合し、インプラントに新たな革命をもたらすと考えられています。
 
《アストラテックインプラントシステムTXからEVへ》
TXとEVの大きな違いは、インプラント体のサイズ(直径と長さ)のバリエーションが増えたということです。
また、インプラント体とアバットメント(支台)の接続部分が少し変更され、インプラント体の直径に応じて、インプラント体とアバットメントを接続するネジの太さも変わるということです。
つまり、これまではインプラントの太さに関係なく同じサイズの接続ネジが使われていましたが新システムではインプラントの直径に比例してネジの太さが変わります。
インプラントの治療後、骨に埋入したインプラントが緩んだり動いたりすることはまずないのですが、3年5年7年と使っているうちに歯(上部構造)とインプラント体を接合しているチタン製の接続すするネジが、ごく稀に緩むことがあります。
 
そのまま小ネジの緩みを放置すると、小ネジの破折に繋がり、更に進むと骨の吸収にもつながるというリスクがあります。
そのような小ネジの緩みを解消するために開発されたのがEVシステムになります。
 
あしま歯科クリニックでは一人の患者様のインプラント手術を行う上で
歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、受付、全セクターが情報の共有、集合しカンファレンスを行い
国家資格をもつ歯科衛生士がアシスタントにつき
清潔にオペが行えるよう準備をしてオペサポートをする歯科助手とともにチームでオペを行います。
また院内技工士が在籍しているため最終の被せ物も患者様お気持ちによりそえる機能も審美も納得できる細やかな被せ物がはいり
笑顔で治療をおえていかれる患者様が多数みえます。
 
《より多くの患者様に笑顔を》
当医院の歯科医師はインプラント治療に関するより新しい情報や治療法を学ぶため、
院長、副院長ともに日本口腔インプラント学会に所属し学会や勉強会に参加し研修をかさね日々情報をアップデートし患者様の様々なご要望に対して真摯に取り組みニーズにあった治療方法を責任を持ってご提案させていただいております。
 
また、あしま歯科クリニックの歯科衛生士は日本口腔インプラント学会認定歯科衛生士の先生から定期的にインプラントのメンテナンスについても学び、ご指導いただき
インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保てるようブラッシングの方法などについても適切な方法をご提案しており
治療完了が終わりではなく、ご自分の歯を永くつかって頂けるようプロフェッショナルケアをいたしております。
 
今回はあしま歯科クリニックで使用しているインプラントメーカーについてのお話でしたが引き続き次回は、あしま歯科クリニックインプラントオペ担当歯科衛生士横井が
《インプラント治療の流れ》についてお話をいたします。
 
入れ歯、歯の被せもの、歯の詰め物、インプラント、矯正、歯のクリーニング、ホワイトニングなどお口の中で気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。
また担当医に聞きにくいことなども担当歯科衛生士にご相談くださいませ。



 
 
当院には、ホームページにはセカンドオピニオンなど無料メール相談もございます。
ご活用いただければ幸いです。
 

2019-09-04 18:25:45

あしま歯科クリニックスタッフ公式ブログ

 
Page Top