東浦町 歯科 歯医者 インプラント 矯正歯科 審美歯科 小児歯科

JR石浜駅より徒歩1分駐車場  15台完備
愛知県知多郡東浦町石浜なかね12-12─お問い合わせはこちら─0562-82-3718

あしま歯科クリニック公式ブログ

あしま歯科クリニック公式ブログ
スタッフブログ

無料メール相談 Mail Consultation

スタッフ募集中!!Recruit

歯科用CT導入!!CT Scanner

Doctors File

 

歯科技工士とは:3月号

歯科技工士とは:3月号

こんにちは、あしま歯科クリニックの歯科技工士の中川です。2019年がスタートして、もう3ヵ月が経ちました。
今回は、『私が技工士学校に通っていた時のこと』と『実際に歯科技工士として働き始めてからのこと』について書いていきたいと思います。
まず、『私が技工士学校に通っていた時のこと』から。
私は静岡県の高校を卒業して、すぐ愛知県にやってきました。愛知県に来た理由は、もちろん歯科技工士の専門学校に通うためです。歯科技工士の専門学校は、どこの都道府県にも必ずあるわけではなく、私の出身地の静岡県には一校もありませんでした。なので、名古屋市の藤が丘という所にある、東海歯科医療専門学校に入学しました。
入学するのは簡単でしたが、いざ授業が始まってみると、国家試験まで2年しかないということで、毎日聞いたことのない専門用語を覚えたり、慣れない作業・実習ばかりで、とても濃密な日々が続いて想像していたよりも大変でした。ですが、そんな学生生活も私にとっては楽しく、充実したものでした。そう感じた理由はいくつかありますが、専門学校のクラスメイトの存在はとても大きかったと思います。専門学校は、同じ学年でも新卒の19歳の人がいたり、大卒の23歳の人がいたり、仕事を辞めて入学してきた40歳の人がいたりで、年齢も経歴も出身もバラバラで、19歳の私にとっては刺激的でした。雑談していても、ジェネレーションギャップを感じることはしばしば。ですがみんな仲良しで、学校以外でも会って、遊びに行ったり、旅行に行ったり…。藤が丘という街は居酒屋が多かったので、平日でもよく飲みに行っていました。次の日も朝9時から授業だとわかっているのに、遅くまで飲んでいて、みんなで遅刻したり…。決して真面目だっただけの2年間ではありませんでしたが、今となれば全てとてもいい思い出です。
頑張ったこともたくさんあります。スーパーのレジ打ちのバイトを週5で続けたこともその一つですが、学校での実習は特に頑張りました。
まず入学して最初にやった実習は『歯型(しけい)彫刻』というものです。歯型彫刻とは何かというと、『主として石膏棒を、歯の形に彫刻することである。単にカービングとも称される。歯型彫刻の目的は複数あり、歯科医療従事者として必要な手先の器用さを養うためや、歯牙の形態を口腔解剖学といった座学だけでなく実際に観察し作成することによって理解を深めるといったことである(Wikipediaより引用)』です。見本となる歯の模型を見ながら彫るのですが、これがとにかく難しい。歯型彫刻は、三次元的な表現になるので、ある方向から見た時は良い感じなのに、別の角度から見ると全然ダメということがよくあります。それに加えて、制限時間も決まっていたので、焦れば焦るほど、形が崩れてしまい散々な出来になってしまう。歯型彫刻の授業が本当に嫌でした。
歯型彫刻に苦手意識があったのですが、いつまでも出来ない訳にはいかないので、放課後に残って練習したり、バイトの休憩中に見本の模型を眺めたり、歯のデッサンの練習をしたり、上手な人にアドバイスをもらったり…。今考えると、当時の私はかなり追い込まれてたんだと思います。卒業する頃には、そこそこ彫れるようになり、2009年には愛知県歯科技工士会主催の歯型彫刻コンテストで優秀賞をもらうことができました。
歯型彫刻は、歯の形・特徴を覚えるのに効果的な実習なので、専門学校を卒業してから10年経つ今でも、時間を見つけて行っています。

続いて『実際に歯科技工士として働き始めてからのこと』について書こうと思ったのですが、専門学校時代のことを思い出しながら書いていたら、書きたいことが次々と出てきて、思った以上に長くなってしまいました。ごめんなさい。
なので『実際に歯科技工士として働き始めてからのこと』は、次の機会に書かせて頂きます。

今回は私自身のことを中心に書かせて頂きましたが、ブログを通して当院のこと・歯科技工士のことを知って頂けたら幸いです。
入れ歯、歯の被せ物、歯の詰め物、矯正装置、歯のクリーニングなどでご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

2019-03-20 09:19:00

あしま歯科クリニック公式ブログ

 
Page Top